引っ越し

引越しするときのauひかりの手続きはどうしたら良いのか

★ 引越しするときに把握しておくこと

引越しは誰でも経験することであり、特に4月と9月は引越しをする方が多い季節です。
インターネット回線は契約が年単位となるプランが多いですが、突然引っ越すときに契約しているauひかりの回線をどうしたら良いのか困ってしまう方は案外、多いのではないでしょうか。
auひかりは移転手続きをすることでauひかりの契約を続けていくことができます。
引越しが完了するまでの間、どう手続きを行えば良いのでしょうか。

まずは引越し先でもauひかりを使用するかどうかを決めてしまいましょう。
ただ、引越し先でもauひかりが対応しているかどうかを確認することが大切です。
auひかりに対応していない場合もありますから、事前にチェックしておきましょう。

auひかりホームで3年型の契約プランであるずっとギガ得プランや2年型の契約金であるギガ得プランの場合、契約更新月以外で解約をした場合、違約金が発生してしまいます。
ずっとギガ得プランの場合は15000円、ギガ得プランの場合は9500円となっています。
初期工事費用についても、ホームタイプは30ヶ月、マンションタイプは24ヶ月の分割で月々の支払いを行っていますから、月割りをした残りの工事費が残債として一括請求されることは把握しておきましょう。

ただでさえ、引越し費用が発生するのに、そこへ多額の解約金が発生することを考えるとやはり移転手続きをして継続したほうが良いということになります。
引越しの際はauひかりを継続使用することが望ましいでしょう。

★ 移転手続きはどう行っていくのか

移転手続きはまず、引越し情報を入力することから始まります。
移転手続きの申し込みを行います。
申し込み先はauひかりの提供元であるKDDIとなります。
工事日程調整も入力しますので、可能日は入力しておきましょう。
引越し先ではauひかりの工事を行う必要があります。
その実施日がKDDIからメールが電話で連絡がきますので、対応できるかどうか調整する必要があります。

auの電話サービスに申し込みをしている場合は、電話番号が変更となるので、工事費と一緒に新しい電話が付与されることになるでしょう。
それから、ご利用開始の案内と宅内機器が届きます。
ご利用開始の案内は予約した工事日や電話番号など、引越し後の手続きに必要な情報が記載されているので、内容は確認しましょう。
事前に調整した実施日で引越し先のauひかり回線工事が行われますので、その工事には立会いが必要となります。

屋外工事や宅内工事が終了したら、auひかりのインターネット回線とパソコンなど端末を接続する設定を行います。
無線LANルーターなどの宅内機器はKDDIよりレンタルのものが送られてきますが、接続設定ガイドに沿って取り付けるだけです。
の光回線工事が終了したら、引越し先でもauひかりができるようになります。

★ 移転手続きの注意点

ただ、auひかりの移転手続きには注意点もあります。
auひかりの移転手続きには約1ヶ月かかります。
最も注意しなければならないことは期日です。
手続きを先延ばしにしてしまうと引越しした後、しばらくインターネットが利用できなく状態になりかねません。
引越しをする前は快適に利用していたのに、引越しした後にインターネットが利用できない状態は納得することができません。

そうならないために引越し予定日を確定次第、KDDIへ移転手続きを申し込む必要があります。
auひかりで電話サービスを利用している場合、移転手続き時に電話番号が変わります。
auスマートバリューを利用している場合、電話サービスに加入することが条件となります。
番号が引き継げないこと、そして、変わるということを把握しておきましょう。

もし、引越し先がauの対応エリア外で続けることがないとなった場合でも、auスマートバリューが利用できるSo-net光などが対応している可能性がありますので、確認することが必要です。

★ 対応エリアかどうかを確認する方法

auひかりの提供エリアは全国ですが、未対応のエリアは存在します。
auひかりに対応しているかどうかの確認をせずにauひかりに申し込んでしまったなら、時間と労力の無駄となってしまいます。
引越し先でauひかりに申し込むのであれば、そのエリアがauひかりに対応するかどうかの確認を事前に行っておくことをおすすめします。

auひかりの公式サイトで確認する方法が簡単で良いでしょう。
郵便番号を入力し、住居タイプは居住状態に応じて選択します。
郵便番号を入力し、住居タイプを選択したら提供エリアの確認ボタンを押します。
次は番地の選択ページに切り替わりますので、番地を入力しましょう。
番地を選択した後は再度、ページが切り替わります。
最後に号を選択します。そうすると、引越し先の住所がauひかりの提供エリアかどうかが表示されます。

エリア確認には注意点があります。
auひかりのエリア確認をしたら、その先には進まないことです。
先に住んでしまうと、エリア結果のすぐ下に「このままWEBで申し込む」というボタンと「電話で説明を受けて申し込む」というボタンが表示されます。
このボタンをクリックし、先に進んで申し込みを行ってしまうと、代理店からのキャッシュバック特典が受けられなくなってしまうので、注意が必要です。

関連記事一覧