auひかりとドコモ光を徹底比較

auひかりとドコモ光を徹底比較

★ 初期費用の比較

まずは初期費用から比較してみましょう。
初期費用とは開通工事費や登録料など初回のみ支払う必要がある費用のことです。
ドコモ光は初期費用が21,000円なのに対し、auひかりは37,500円と1.5倍以上もかかるため、一見ドコモ光の方が圧倒的にお得に見えます。
しかしauではインターネット回線とセットでauひかり電話の利用契約をすると初期工事費が実質無料(毎月の利用料から分割して差し引かれる)になるというサービスがあります。
光電話の設置が条件と聞くと尻込みするかもしれませんが、この光電話自体も光ファイバーを経由して通話する分従来のアナログ電話に比べて高性能です。
アナログ電話は古いケーブルを利用して通話するため音声に小さなノイズが入る場合や音がこもることがありますが、光回線を使えば素早く高品質な通信ができるため、クリアで音質も優れています。
さらにほとんどの場合は従来の電話機や電話番号をそのまま利用でき、新たに機器を設置する必要もないというお手軽さもポイントです。
仮に工事費無料化という目的がなくとも単体で十分優秀な製品と言えます。

★ 毎月の費用の比較

続いてauひかりとドコモ光の毎月の利用料を比較してみましょう。

タイプ区分 ホームタイプ マンションタイプ
auひかり 5,100円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円

auひかりはホームタイプで5,100円、マンションタイプで3,800円。
対してドコモ光はホームタイプで5,200円、マンションタイプで4,000円となっています。
わずか100~200円の差ではありますが、ホームタイプ・マンションタイプのいずれもauひかりの方がお得です。
また1年を通してみるとホームタイプで1200、マンションタイプで2400円もの差がつくことになり、長く利用すればするほど無視できないレベルの差がついていきます。
では前項で説明したauひかりの工事費無料化の条件であるauひかり電話の料金についてはどうでしょうか。
一般のアナログ電話は毎月の基本料金が1,800円以上かかりますが、光電話はたった540円で済みます。
通話料もアナログ電話で県外にかけると最低でも1分20円はかかるのに対し、光電話をどこにかけても3分8円と大きな差があります。
こうして見るとauひかりの工事費無料化キャンペーンはインターネットと通話のどちらにおいても、またイニシャルコスト・ランニングコストの両面で他社に比べてお得で良質なサービスであることがわかります。

★ 回線速度の比較

またauひかりの回線速度が他社に比べて速いというのも見過ごせない点です。
最大通信速度は1Gbps(毎秒1ギガバイトのデータを送受信可能)であり他社と変わりません。
しかし、これはあくまでも「最大」速度であり、実際の通信速度はその時の回線の混み具合によって大きく左右されます。
auひかりは独自のダークファイバー(普段は使用されていない予備の回線)を使っているため同じauひかりの利用者以外と競合せず、結果的に他社よりも通信速度が速くなります。
さらに戸建てが対象の契約プラン「auひかりホーム」の加入者を対象に2018年3月から開始した高速通信サービスとして「超ひかり」があります。
これらは最大通信速度が「auひかりホームX(テン)ギガ」なら10Gbps、「auひかりホーム(ファイブ)ギガ」なら5Gbpsとなるもので、いずれも従来の最大通信速度である1Gbpsを圧倒的に上回っています。
残念ながら超ひかりを利用できるのは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の中でも一部のエリアに限られていますが、該当エリアにお住まいの方には是非ともオススメしたいサービスと言えます。

★ サービスの比較

auひかりとドコモ光はどちらもインターネット回線とスマートフォンをセットで契約するとスマホの利用料金が割引されるというサービスがあります。
auスマートバリューの最大割引額が2,000円なのに対し、パケットパック割引は最大3,000円のため、一見ドコモの方がお得に見えます。
しかしauスマートバリューは一世帯で10台分まで割引を適用できるため、大家族や企業でスマホを利用したい場合はauの方がお得と言えます。
さらに家族間でのCメールの利用が無料で行える、家族同士でその月の余ったデータ容量を分け合う「データギフト」を利用できる、50歳以上の家族であれば契約した住所と別世帯でも割引の対象になるなどauは家族向けサービスが充実していると言えます。
auの最大の特徴としてキャッシュバックの充実ぶりがあります。
特にインターネットを通じて契約する場合はその金額が高い傾向にあり、中でも「株式会社グローバルキャスト」さんのauひかり申し込みサイトを経由して契約すると最大で90,000円ものキャッシュバックが受けられます。

関連記事一覧